居酒屋だいご | 小田原にある居酒屋だいごでは、炭火焼鳥やホルモンが売り!宴会コースも承っております。


インフォメーション

ホーム > インフォメーション > 代表挨拶

代表挨拶

代表からの挨拶

有限会社だいご 代表取締役 北野 和信

北野 和信(きたの かずのぶ)
1980年生まれ。神奈川県小田原市出身。
私の人生理念は「愛、情熱、本気、責任」です。

有限会社だいご 代表取締役北野 和信

世の中に必要とされる会社であり続ける

弊社の企業理念は「クオリティーの追求」です。
お客様、従業員、社会が「何」を求めているか。を追求し続けて実践していくことです。

お客様の気持ちに寄り添い日々の生活の充実に貢献すること
私たちは常にベストを尽くし「感動、喜び、幸せ」を感じる食の提供と空間をつくり、お客様の毎日の生活の充実に貢献し、長期的に必要な存在であり続けることを目指しています。
全従業員の物心両面の幸福を追求すること
良好な人間関係をベースにした会社・店舗運営を行い、社員が成長し生涯の自己実現の舞台を社員に提供します。
地域社会の繁栄と向上を目指すこと
私たちは常にベストを尽くし、生産者様・お取引先様に感謝をし、廃棄のない外食産業を目指します。
また、地域に信用・信頼され地域活性化を図り、まちづくりにも貢献していきます。

企業経営の目的の1つである企業に関わる人たちを幸せにするために「人を大切にする経営を貫く」ことを志して三方よし、トリプルウィン経営を目指します。

求職者の方へ

豊かな仕事人生をつくるために

どう働くか。皆様ならどう答えますか?

私は、働く目的は2つあると思います。1つは生活のためです。仕事は生活するための手段と考えれば、安定していることに超したことはありません。
楽で、報酬が高ければ良いし、さらにいえばその仕事を離れた後も、天下りのように経済的な恩恵が受けられればいうことはありません。

つまり、働く目的を「経済軸」でとらえるのが、1つめの考え方です。この考えでいくと、お金は一番大切な存在になります。
もう1つは、働く目的をやりがいや生きがいに置くものです。「自己実現」といい換えても良いでしょう。
芸術家やスポーツ選手など、プロといわれてる方を考えていただければわかりやすいです。彼らにとって仕事とは生活の糧ではありません。
安定しているか楽かどうか、報酬が高いか低いかなどはまったく関係ないです。
仕事を通して自分の価値や能力や役割を最大限発揮し、やりがいや生きがいを見つけていくことに目的を置いています。

これは、働く目的を「自己実現」の軸でとらえる考え方です。この軸でとらえると、お金は二次的なものになります。お金のために働くか、やりがいのために働くか。人それぞれ自由ですが、どちらが幸福かと問われれば、お金のためより、やりがいや生きがいのために働く方が楽しいでしょう。
人や社会を幸せにするのも、後者の働き方だと思います。目先の金銭ではなく、自分のやりがいや生きがいのために働こうと思ったら、他の心や世の中に求められる知識や技能といった無形の資産、資本を築き、人の役に立つ存在になれるように自分を磨いていかなければいけません。

そのために、私たちは努力するのです。私は経営の目的は利潤の追求ではなく、人を幸せにすることだと思っています。
個人が働く目的も同じだと思います。人を幸せにするために働くのが正しく、人の役に立つ生き方を目指してくださることを心から願います。
その志があれば、物心豊かな生活が送れると思います。